赤ちゃん衣服用の洗濯洗剤~肌に優しい魔法のアイテム~

家族

幸せの白を大切にする

親子

赤ちゃんの服はたんぱく汚れが多いので対策を考えなくてはいけない。洗剤の種類は豊富なので、赤ちゃんの肌に優しい成分の洗剤を選ぶように気をつけよう。また、衣類のタグを確認してから、洗濯をすることも大切だ。

» 読んでみよう

洗剤に関する記事です

幼児

新たなニーズが高まります

赤ちゃんの肌はとても敏感にできています。というのも大人の肌より層が薄いため、少しの刺激でも影響を受けやすくなっています。そのため洗濯の際、赤ちゃん専用の洗剤で洗濯する必要があります。 しかし、赤ちゃん専用の洗剤は肌をいたわるがあまりに界面活性剤等が使えません。そのため、洗浄力が落ちるのも事実です。しかし、赤ちゃんの場合オムツの漏れ、食べこぼし等で服が汚れやすいのも事実です。加えて育児において洗濯に時間をかける余裕がないケースがほとんどです。 そのため、肌をいたわる、汚れが落ちるの双方の機能を兼ね備えた洗剤のニーズが高まっていることが考えられます。したがってそれらのニーズに応えた商品の開発が今後どんどん進み、さらには売り出されることが考えられます。

一般的な洗剤も使えます

新生児など、肌が特に弱い時期は赤ちゃん専用の洗剤で洗濯をする必要があります。しかし、赤ちゃん専用の洗剤は割高なため、常に使用しつづけると、出費がおおくなるのも事実です。 しかし、一般的な洗濯洗剤でも赤ちゃんの洗濯に使えるものがいくつかあるのも事実です。中には身近なスーパーやドラッグストア等にて販売されている洗剤でも洗濯に使える商品もあります。加えて月齢が進むにつれて赤ちゃんの肌が徐々に強化されてきます。そのため、月齢が進めば赤ちゃんでも使える一般的な洗濯洗剤を使用するのも一つの手と言えます。 ただし、赤ちゃんによってはとても肌が弱く、すぐにかぶれてしまうケースも少なからずあるため、上記の方法は肌の様子を観察したうえで行った方がよいと言えます。そして、最近では、比較的お手頃価格の赤ちゃん用洗剤も販売されているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

肌をよい状態にするには

ベイビー

赤ちゃんの乾燥を防ぐにはお風呂上がりなどに、全身にクリームを塗るなどの対策が効果的です。最近は全身にぬるような商品もおおくあるので、こちらを活用すると肌全体に塗ることができておすすめです。薬局や赤ちゃん商品が置いてあるお店などでお探しいただければと思います。

» 読んでみよう

乳児の湿疹を考える

赤ちゃん

乳児湿疹は新生児ニキビ、脂漏性湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎などがあります。多いのが脂漏性湿疹です。皮脂の分泌が多いことと毛穴が未発達のため、皮脂がたまりやすいことが原因です。ケアの方法は毎日入浴をさせて、ベビー用のシャンプーなどで丁寧に洗い、清潔に保つことです。

» 読んでみよう