赤ちゃん衣服用の洗濯洗剤~肌に優しい魔法のアイテム~

ファミリー

乳児の湿疹を考える

赤ちゃん

湿疹の原因

乳児湿疹の中で特に多いのが脂漏性湿疹でしょう。特徴としては体にはできず、首から上に出来ます。黄色いかさぶたのようなものが出来たり、フケのようなものが出来たりします。乳児湿疹の原因は乳児の新陳代謝が活発なこと、母親の女性ホルモンの影響が残っています。そのため、皮脂の分泌が盛んです。毛穴が未発達のため、皮脂が詰まりやすく、湿疹になってしまうのです。生後数週間から四か月くらいの乳児に多く見られます。肌のバリア機能が整う一歳頃までに治ります。乳児湿疹は他に新生児ニキビ、あせも、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。乳児湿疹を家庭で適切なケアをしても、症状が改善しなかったり悪化するようであれば、医師に相談するのが良いでしょう。

湿疹のケアの方法

乳児の肌は大人より薄く、バリア機能も未熟です。毎日入浴させ、肌を清潔にします。刺激の少ない、ベビー用のシャンプーやせっけんを使い、優しくマッサージするように洗います。ごしごし洗うのは禁物です。顔を洗う時はガーゼを指に巻き付けて洗うと良いでしょう。目に泡が入らないように十分注意しましょう。すすぎ残しがないように、丁寧に洗い流します。乳児がひっかいてしまわないように、爪は丸く、短く切っておきます。掻きむしってしまうようならば、柔らかい生地のミトンを使うと良いでしょう。また、乳児は汗っかきです。汗腺も未発達なので汗がたまりやすいです。体温も高めなので、厚着をさせ過ぎないようにします。目安は大人より一枚少なめです。