赤ちゃん衣服用の洗濯洗剤~肌に優しい魔法のアイテム~

ファミリー

幸せの白を大切にする

親子

たんぱく汚れに注意して

生後1歳未満の赤ちゃんの服の洗濯には気をつかう。まず、洗剤選びについては、なるべく無添加なものを選びたい。赤ちゃん用として売ってあるものもあるが、敏感肌の赤ちゃんで気になるなら、セスキ炭酸ソーダでの洗濯もおすすめだ。つけ置きを一晩しておけば、ある程度のたんぱく汚れは落とすことができる。乳幼児の頃は、おっぱいでシミができやすい。そして、離乳食が始まると、赤ちゃんは着替えの頻度も汚れる割合も高くなる。また、汚れたらなるべく早く洗うことも気をつけたい。洗濯機を何回も回すのは大変なので、つけ置きをしておくのがいいのだ。つけ置きをしていたものは、洗濯機で一度脱水すると扱いやすい。たんぱく汚れはお湯で洗うと逆に落ちにくくなるので、そのあたりも配慮が必要になるだろう。

洗い方にも配慮を

赤ちゃんの服は大人な服とはなるべく別に洗いたい。特に乳幼児のものは気をつかいたいという人が多いだろう。洗うとはいっても雑菌うつりが気になるし、干し方も別になるので、別に洗った方が無難である。室内干しの方が、衣類の傷みが少なく済むことが多い。赤ちゃんの洋服の種類によっては、手洗いをした方が良いこともあるので、洋服のタグを確認するように意識すると良いだろう。赤ちゃん用の洋服を洗濯するための洗剤を販売している業者は沢山ある。どの洗剤が赤ちゃんの洋服を選択するのに向いているのか、しっかりと選択したい。その時に参考にしたいのが、洗濯洗剤の成分表記だ。赤ちゃんの肌は大人と違って、洗剤などの刺激に弱いことがほとんどだ。そのため、洗剤などは刺激の少ない成分を使うように意識すると良いだろう。